登録・更新・削除

[Oracle] データの登録SQL(INSERT)

データの登録

全ての列に登録する

列名は記述せず、VALUES句の後にテーブルに定義してある列順でINSERTする値を記述します。

INSERT INTO テーブル名 VALUES (値1, 値2, 値3 ・・・ );

それではサンプルを見てみましょう。
以下のようなitemテーブルがあります。

id name price comment
1 りんご 100 ジューシー
2 レモン 150 null


全列に対しデータを登録するためのSQLです。

上記を実行した結果がこちらです。

id name price comment
1 りんご 100 ジューシー
2 レモン 150 null
3 みかん 200 甘い

 

指定した列に登録する

テーブル名の後に値を登録したい列名を記述し、VALUES句の後に指定した列順で値を記述します。

INSERT INTO テーブル名 (列1, 列2, 列3 ・・・ ) VALUES (値1, 値2, 値3 ・・・ );

それではサンプルを見てみましょう。
以下のようなitemテーブルがあります。

id name price comment
1 りんご 100 ジューシー
2 レモン 150 null

指定した列に対しデータを登録するためのSQLです。

上記を実行した結果がこちらです。

id name price comment
1 りんご 100 ジューシー
2 レモン 150 null
3 みかん 200 null


値を指定しなかった列には、各列で定義されている初期値またはNULLが登録されます。
 
 
上記で紹介したINSERTはどちらも実務上の使用頻度が高いので、ぜひ参考にしてみてください。